恋愛占い・恋の悩み

復縁に冷却期間なしはアリ?2年は長すぎ?誕生日の過ごし方まで調査

大好きなあの人と復縁したい!!

「でも、すぐに復縁は良くないって聞いたことあるような?」

「そういえば、復縁に冷却期間って必要なんだっけ?」

このように「復縁に疑問を抱く人」って、とても多いと思います。

そこで今回は【復縁と冷却期間についての疑問と解決策】をご紹介していきます!

復縁は冷却期間なしの方が良い!?

「復縁をしたい!」

そう考えたとき、最初に思い浮かぶ疑問は「冷却期間って必要なの?」ということでしょう。

では、始めに「冷却期間についてのキホン」を解説していきます!

  • 復縁したいとき冷却期間は置かなくても大丈夫って本当?元カノとの復縁の場合は?
  • 冷却期間がいらないパターンとは? 
  • 冷却期間を置くときの期間は? 
  • 冷却期間の意味がなかった!!冷却期間が裏目になって本当に冷めてしまうパターンとは?
  • 復縁したい気持ちは時間が経てば薄れてしまう!?
  • 冷却期間は元カノを美化してしまいがち?これって本当??

ひとつずつ解説していきます!

復縁したいとき冷却期間は置かなくても大丈夫って本当?元カノとの復縁の場合は?

突然ですが「冷却期間は置かなくても大丈夫!」

こんな意見を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

こんなことを言われると、そもそも冷却期間を置くべきなのかも分からなくなりますよね。

でも安心してください、この疑問についての答えはちゃんとあります!

その答えとは「相手との別れ方によって対応を変えるべき」というものです!

実は、復縁をしたい場合に最初に考えるべきことは「冷却期間を置くか、置かないか?」ではなく、「そもそも冷却期間が必要な別れ方だったのか?」についてなのです。

これは意外と見落としがちなことですが、ここで間違えた判断をすると「復縁にとっては逆効果になることもある」非常に重要な部分でもあります。

ちなみに「復縁に男女の差はありません」なので、元カノとの復縁であっても同じとなります!

さて、解説で「そもそも冷却期間が必要な別れ方だったのか?を最初に考えるべき!」という話をしました。

しかし、アナタの別れ方が「冷却期間が必要なパターンなのか、それとも必要無いパターンなのか?」というのは、具体的な説明がないと判断のしようがありませんよね?

そこで、次に「冷却期間が要らないパターンの具体例」を紹介します!

冷却期間がいらないパターンとは?

冷却期間が要らないパターンは具体的には3つあります。

1.別れたあとに「相手からすぐに連絡が来た」パターン。

このパターンは、喧嘩などで感情的になった時に「ついつい口走ってしまった」パターンが多く、言ってしまった相手も既に反省している場合が多いからです。

むしろ、ここで相手からの連絡を無視してしまうと「もう自分に気持ちがないんだ..」と勘違いさせてしまって、せっかくの復縁のチャンスを自ら手放すことになりかねません。

こういう場合は「変な意地を張らず、相手の反省を素直に受け止めてあげましょう!」

2.つい最近「自分から相手を振ったばかり」のパターン。

このパターンでは、相手側がアナタに未練を残している場合も多く「すぐに復縁の連絡をすれば」相手側も喜んで復縁してくれる可能性が高いです。

ここでのポイントは「すぐに復縁の連絡をすること」です。

すぐに連絡をする理由としては、時間が経ってしまうと「相手がアナタとの別れを受け入れてしまう」場合があるからです。

アナタの気持ちは、手遅れになる前に伝えましょう。

3.遠距離など「相手との物理的な距離が原因で別れてしまった」パターン。

このパターンでは「離れたのは物理的な距離であって、2人の精神的な距離では無い」ので冷却期間を置かずに、すぐに復縁の連絡をしたほうが良いパターンとなります。

また、時間を置いてしまうと「復縁にとって逆効果になる典型的なパターン」でもあります。

さて、いま解説した上記の3つのパターンには共通点があります。

その共通点とは「お互いの印象が悪くなっておらず、相手と関わる方が復縁にとってプラスになるパターン」ということです。

このようなパターンは「冷却期間が必要ない可能性が高い」といえます。

ただし、冷却期間が必要ない復縁であっても「復縁する際の最低限のマナー」を守ることが必要なことを忘れてはいけません!

 

復縁する際の最低限のマナーとは?

  1. 「別れてしまった原因を理解しておくこと」
  2. 「一度別れてしまったという立場を弁えた行動をすること(復縁してすぐ馴れ馴れしい態度を取らない)」
  3. 「しつこく復縁を迫り続けないこと(相手にもタイミングっていうものがあります)」

冷却期間無しで復縁する際の、最低限のマナーは上記の3つです。

大人同士の恋愛では当たり前のことですが、復縁をしたいのなら再度肝に銘じておきましょう。

 

冷却期間を置くときの期間は?

さて、先程まで「冷却期間が必要無いパターン」について解説してきましたが。

ここからは「冷却期間が必要なパターン」について解説していこうと思います。

 

冷却期間を置くときの長さ

まず、冷却期間を置くというのが決まったら、次にアナタは「冷却期間を置く時の長さ」という問題に頭を悩ませることになるでしょう。

大前提として「冷却期間を置くときの長さは人によって異なります。」

もう少し正確な表現をするならば「別れた理由によって冷却期間の長さは異なる」といえます。

例えば大喧嘩をして別れてしまった場合、お互いに冷静になる時間が必要となりますよね?

上記と同様に、お互い好きだけど「物理的な距離や恋愛以外のことに集中せざるを得なかったことが理由」で別れた場合と、アナタが浮気をしてしまい「既に2人の信頼関係が崩壊している場合」では冷却期間の長さが異なるというのは、いうまでも無いことでしょう。

このように冷却期間も2人の状況に合っているものを、考えて選択する必要があるのです。

別れた原因別・冷却期間の目安解説

別れた原因が嫉妬や束縛の場合は、別れの原因が、嫉妬や束縛の場合は「冷却期間の目安は2週間~3週間程」になります。

この場合は、比較的スムーズに復縁できる可能性があります。

また、アナタのほうから歩み寄りを行うと「さらにスムーズな復縁が可能」になるでしょう。

別れの原因が、仕事や夢を叶えることを優先させたからという場合には「冷却期間の目安は1ヶ月程」になります。

短すぎるように感じるかもしれないですが、1ヶ月もあれば相手が「仕事と恋愛は両立させてこそ、大きな力を発揮する」ということに気付く場合が多いため、アナタが思っているより「短い冷却期間で充分な効果を発揮できる」といえるのです。

 

別れの原因が、マンネリ化の場合は「冷却期間の目安は2カ月程」となります。

この場合は「アナタのことを嫌いになったわけではなく、単に相手の気持ちが薄れているだけ」なので、自分磨きをしてみたり、アナタ自身が充実した生活を送っていれば「自然な形」で復縁することができます。

むしろ良い機会だと思って、自分磨きに努めましょう。

 

別れの原因が、浮気の場合は「冷却期間の目安は最低でも3カ月以上」となります。

当たり前といえば当たり前ですが、浮気は2人の関係をボロボロに壊してしまいます。

この場合は、浮気された側の気持ちを最優先した上で「長年かけて少しずつ、アナタ自身の行動で、相手からの信用を勝ち取っていく」ことが重要になります。

 

冷却期間の意味がなかった!!冷却期間が裏目になって本当に冷めてしまうパターンとは?

さて、前述してきた通り冷却期間というものは「即効性のある万能薬ではありません。」

また、使い方を間違えると「冷却期間が裏目になって本当に冷めてしまう」場合もあります。

その代表的な例を紹介します。

冷却期間が裏目になって本当冷めてしまう典型パターン2選

冷却期間の目的が曖昧

そもそも、冷却期間の目的というのは「自分1人で自身の気持ちを整理する期間」を作るためです。

しかし、これは裏を返せば「自分と相手が向き合うことが出来ない期間」を作っているともいえます。

この部分をしっかりと理解せず、目的が曖昧な状態で冷却期間に入ってしまう人を度々見かけます。

ですが、この場合「冷却期間を置いてしまったことが裏目に出て」別れに繋がることがあります。

冷却期間は最終手段。

決して万能薬ではありません、それなりにデメリットもあるのです。

本来なら「話し合いで仲直り出来たはず」のことで悲しい別れを経験しないためにも、話し合いで解決出来る問題は、2人で話し合って解決するという、お互いに歩み寄っていく心構えが大切になります。

冷却期間中に他の異性と関わる。

これは言うまでもないですが、非常に良くないパターンです。

たしかに、他の異性の存在を匂わせることで相手の気を引くことは出来るかもしれません。

しかし、冷却期間の目的はそこではありませんよね。

また、相手からすると単なる不誠実な行動にしか見えないため「復縁したいなら逆効果」といえます。

また、一般的には「冷却期間は相手とお付き合いが継続している状態」と認識されます。

当たり前ですが、浮気は復縁の可能性を大きく低下させます。

そして、前述の通り冷却期間は「相手と向き合うことができない期間」です!

この認識が不足していると「アナタが異性の友達と遊んだことを相手に浮気と勘違いされて..幻滅されたうえ、最終的に別れに繋がってしまう」という最悪のパターンを引き起こしてしまう可能性があります。

復縁前に余計なトラブルを起こさないためにも、相手の気持ちを尊重した行動を心がけましょう。

むしろ「冷却期間を経験しても、自身の気持ちは揺らがなかった」という事実があれば、復縁する際に「大きなメリット」となりますよ!

さて、代表的なパターンを2つ紹介しました。

冷却期間中、相手に本当に冷められてしまわないために必要なことは「冷却期間の目的をハッキリさせる」こと、「冷却期間中は、これまで以上に誠実な行動を心がける」こと、この2つであることが分かっていただけたと思います。

復縁したい気持ちは時間が経てば薄れてしまう!?

さて、これまで「冷却期間なし」の場合と「冷却期間あり」の場合、そして「冷却期間中に気を付けること」など、色々と復縁と冷却期間に関わる話をしてきました。

冷却期間には比較的短い期間で済む場合もあれば、3ヶ月以上、下手すると一生かかってしまいそうな冷却期間も存在していることが分かっていただけたと思います。

こうなると気になってくるのが「相手側の復縁したいという気持ちは、いつまで維持できるのか?」という部分だと思います。

結論を言いましょう。

復縁したいという気持ちは「原則時間が経っても薄れません!」

しかし、上記の原則が適用されるには条件があります。

その条件は、大きく分けて3つ!

  1. 現在も冷却期間中である場合。
  2. 完全な別れを遂げてしまっていても、そのあと相手側が他の異性とお付き合いしていない場合。
  3. 相手の気持ちが完全に離れてしまうような「最悪な別れ方」をしていない場合。

上記の項目に当てはまっていれば、復縁したい気持ちは時間が経っても薄れないといえるでしょう。

冷却期間は元カノを美化してしまいがち?これって本当??

さて、突然ですが!

読者の皆様は「冷却期間は元カノを美化してしまいがち」こんな噂を聞いたことありますか?

実は、この噂「本当」みたいなんですよ。

どうやら人という生き物は「思い出補正」というものを自動でかけてくれるようで、冷静になって思い返すと「良い思い出」を中心に考えてくれるみたいです!

復縁したいときは「思い出補正」を利用する。

これも、1つの手段として参考にしてみてくださいね!

ただし!

別れの原因が「浮気」・「暴力」・「借金を隠していた」というような「アナタ自身の相手に対する裏切り行為」の場合には、「思い出補正が追い付かないことも多くあります」ので、その点は悪しからずということで!

冷却期間スタートから既に2年..それでも復縁は可能なの?

この記事を読んでくださっている方々の中には「私たちは、既に冷却期間に入っているよ!」という方もいると思います。

そこで、今度は「冷却期間スタートから既に2年経っている方向け」の解説を行っていきます!

  • 別れてから2年後連絡なしのパターン・別れてから2年後に連絡がきたパターンの違いとは?
  • 別れてから2年後の男性心理・別れてから2年後の女性心理にも違いってあるの?
  • 元カノとの完全な復縁までにかかる時間のトータルは平均でどのくらい?1ヶ月ほどでも大丈夫なの?
  • 復縁したい人必見‼別れて1年半後に復縁するために必要なこと&3年ぶりの復縁を果たすために必要なことを徹底解説‼

別れてから2年後連絡なしのパターン・別れてから2年後に連絡がきたパターンの違いとは?

別れてから既に2年..冷却期間中とはいえ、ずっと復縁の兆しも無いし..「私達もう無理なのかな?」

そう思って不安になる方も多いと思います。

そこで、別れてから2年経過後に連絡が無いパターンと、別れてから2年後に連絡がきた「パターンの違い」を紹介します!

是非、今後の動きの参考にしてください!

「別れてから2年..連絡がないパターン」

連絡がないパターンの特徴としては、相手側の気持ちがアナタに向いていない場合が挙げられます。

こういう場合は「アナタ自身が自分磨きをすることで、相手の気持ちをアナタに向けてもらう環境」を作る必要があるでしょう。

また、一度別れてしまっているという状況では「相手側に新しいパートナーがいたり、既に結婚していた」というパターンも考えられます。

どちらにせよ「アナタ自身が自分磨きを行って、復縁したいという気持ちを相手側に伝える努力が必要」となるでしょう。

 

「別れてから2年..連絡がきたパターン」

連絡がきたパターンの特徴としては、相手側の気持ちがアナタに向いてきた場合が挙げられます。

こういう場合は「街で偶然出会った時の印象が、別れた時より良くなっていた」とか「アナタの魅力が上がっており、以前とは違う雰囲気で交際出来そう」というような、ポジティブな印象を相手側が感じたことで連絡が来るという場合が多いでしょう。

また、一度別れてしまっている場合でも「別れたあと、お互いに新しいパートナーができなかった」ことで連絡が来たことがキッカケとなり、復縁へ向かっていくパターンも存在するようです。

こちらの場合も「アナタ自身の自分磨きと、復縁したいという気持ちを相手側に伝えようとする努力が必要」という部分は同じとなります!

別れてから2年後の男性心理・別れてから2年後の女性心理にも違いってあるの?

さて、今度は「別れてから2年後の男女の心理の違い」から、復縁のために行う行動を探ってみたいと思います。

 

「別れてから2年後の女性心理」

別れてから2年後の女性は、相手のことをどう思っているのか。

結論から言います。

「基本的には、既にアナタへの興味を失っていることが多いです!」

別れた時の状況にもよりますが、そもそも女性は切り替え上手な方が多いため「2年もあれば」新しいパートナーがいたり、既に結婚している可能性も存在します。

さらに、女性側の特徴として、別れた際の原因が100%相手の落ち度だった場合は「復縁どころか、相手に対して強烈な嫌悪感を抱く」という所にあります。

また、時間が経てば経つほど、元カレとの思い出に浸ることも無くなり「何であんな人好きだったんだろう?」と疑問を抱いたりします。

そして、久々に来た元カレからの連絡に対して喜ぶどころか「普通に迷惑である」と感じ始めます。

また、同時に「元カレからの連絡とか、気持ち悪くて虫唾が走るんだけど..」という不快な感情を抱くこともあります。

もちろん、これらは別れ方によって状態が大きく左右される傾向はあるようです。

つまり女性の場合は「別れたときの状況」という部分が、復縁する際に「男性以上に重要な要素」となります。

 

「別れてから2年後の男性心理」

では、別れてから2年後の男性は、相手のことをどう思っているのか。

結論を言います。

「基本的には、既にアナタへの興味を失っていることが多いです!」

実は、男性も同じなのです。

別れた時の状況にもよりますが、よほどアナタが魅力的な女性でない限りは「いくら過去を引きずりがちな男性であっても、2年も経っていればアナタに対する興味を失っている」と考えた方が良いでしょう。

基本的には別れてから「2年も経つ」と、男女共に既に興味を失ってしまっているものなのです。

もちろん「別れたのではなく冷却期間である場合」や「相手側に新しいパートナーが居なかった場合」は、状況が変わってくると思われます。

しかし「基本的には男性も時間が経てば忘れていくし、別れてから2年後の女性と同じような状況になっているもの」と考えた方が無難といえます。

元カノとの完全な復縁までにかかる時間のトータルは平均でどのくらい?1ヶ月ほどでも大丈夫なの?

さて、ここまでの解説で「復縁には相手側の気持ちが何よりも重要」ということを理解していただけたと思います!

しかし、お互いに復縁の気持ちがある状況でも「完全な復縁」を達成するまでは先の見えない不安を感じることでしょう。

そこで、完全な復縁を達成するまでに必要となる時間はトータルでどのくらいになるのかを調べてみました!

是非、参考にしてみてくださいね!

基本的に「完全な復縁」を達成するには、冷却期間のほかにも「再会後の関係修復期間」という「冷却期間後に発生する関係性構築期間」を無事に終えることが必要になります。

【完全な復縁までの合計期間】=「冷却期間」+「再会後の関係修復期間」

数式風に表すと上記のような感じになります!

また、この「完全な復縁」を達成するためには、男女関係なく同じくらいの時間が必要となるのです。

ここまでの説明により、既に「完全な復縁は1ヶ月では不可能」だと感じていただけたと思います。

そうなのです、完全な復縁をするには「かなりの長期戦になることを覚悟する必要があるのです!」

 

では、ここからは具体的な例を挙げていきます。

  1. 冷却期間が3ヶ月~6ヶ月の場合..完全な復縁が出来るまでには「トータルで1年ほどの時間が必要です。」
  2. 冷却期間が1ヶ月~3ヶ月の場合..完全な復縁が出来るまでには「トータルで6ヶ月ほどの時間が必要です。」

もちろん上記は、1つの例でしかありませんが「基本的に完全な復縁を達成するには、最低でも冷却期間の倍以上の時間がかかる」という認識を持っていた方が良いといえます。

復縁したい人必見‼別れて1年半後に復縁するために必要なこと&3年ぶりの復縁を果たすために必要なことを徹底解説‼

さて、ここまでの解説で「長期戦になってでも復縁したい」と覚悟を決めたなら、あとは実行するだけです!

「覚悟を決めたアナタ」に対してここからは「1年半後に復縁するために必要なこと」&「3年ぶりの復縁を果たすために必要なこと」を徹底的に解説していきます!

是非、ご覧ください!

 

「1年半後に復縁するために必要なこと」

1年半後に復縁するために必要なことは、以下の4つです!

自分を見つめ直す

これは基本です「そもそも、なぜ別れてしまったのか?」ここを把握することで、今後自分が行うべき改善点が見えてきます。

また、そもそもの別れる原因を改善できなければ、仮に相手と復縁できても「同じ結末を迎えることになる」でしょう。

そういう意味でも、自分を見つめ直すことは非常に重要といえます。

また、この際「自分の長所」の把握も行っておくと復縁の際に自分をアピールしやすくできますよ。

新しいことにチャレンジする

これはアナタ自身の魅力UPに繋がるほか、1年間をポジティブに過ごすことが出来るため「復縁までのモチベーション維持」にも大いに役立ちます。

交友関係を広げる

復縁したい相手に対しては「常に誠実でいるべき」ではありますが、交友関係を広げることは復縁を望む人にとって、大きなヒントになることも多々あります。

ここで重要なポイントは、単に交友関係を広げるのではないという点です。

あくまで目的は「さまざまな人の価値観を知ることにある」というのをしっかりと認識しておくことが重要です!

さまざまな人の価値観を知ることで、自分の知っている世界を広げることが出来ます。

そうすることで、復縁の際にも「相手の気持ち・立場」を考えようとする力が付きます。

その力は「復縁」には最も重要な力になります。

また「私は、元々友人が少なくて..」という人や「万が一にも、相手に不誠実と勘違いされる可能性のある行動は絶対とりたくない!」という人の場合は「旅行やアート」などの「直接人と関わる以外」の方法で価値観を広げていくのも1つの手段です!

本当に復縁したいのかを考える

これは先ほど紹介した「価値観を広げる」ことによって「アナタ自身が復縁を本当に望むのか?」ということを再度分析し、また客観的に考えたうえで、それでも復縁を望むという結論が出せるのか?という真の答えを出すための「非常に重要な項目となります。」

ここで「それでも復縁を望むという結論が出た場合」それは、アナタの覚悟を証明する根拠になります。

この先、さらなる自信を持って復縁のための「自分磨き」を行うことが出来るでしょう。

また、ここで「そこまで復縁したいとは思えなくなったなぁ..という結論が出た場合」それは、アナタがこれ以上「復縁」のことで悩む必要は無いと覚悟を決めた根拠となります。

そのため、アナタは自信を持って「次の恋愛」に向かうことが可能になります!

以上の4つは「男女関係なく、復縁を目指している全ての人が行うべき項目」であり、さらに1~4は一見別の項目に見えますが、本質的には全てが繋がっている項目となっているため「全ての項目を1年以上かけて、しっかりと行う」ことが、非常に重要となります。

3年ぶりの復縁を果たすために必要なこと

3年ぶりの復縁を果たすために必要なことは、1年半後に復縁するために必要なことで紹介した「4つの項目」と、3年経ったからこそ可能となる「より具体的な行動指針を含めた以下の5項目です!」

服装を変えてみる

基本中の基本かもしれませんが、復縁にとって重要となる、自分磨きという部分では外せない必須項目です!

料理上手になってみる

こちらも基本的なことですが、自分磨きにもなりますし、さらに「復縁後に結婚を考えている場合には最優先で身につけた方が良いスキル」になります。

手紙を出してみる

こちらは少し変わった手法ではありますが、相手の誕生日などに「自らの思いの丈を綴った手紙」を渡すのも1つの方法となります。

ただし!

「相手に既に新しいパートナーがいる」場合、この方法はアナタのイメージの悪化を招く恐れがあるため、控えておいた方が無難でしょう。

精神的に成長してみる

こちらは短期間では難しいですが、3年間という長期戦だからこそ効果を発揮する方法でもあります。

例えば、高校時代の恋愛と社会人になってからの恋愛を比べると、相手に求めるものって違いますよね。

それと同じように「3年前のアナタ」と「3年経ったアナタ」を比較した時に、現在のアナタの方が多くの魅力があるようならば「復縁にも大きな効果」を示してくれる可能性が高くなるのです!

時間が解決することも

こちらは「アナタが自分磨きを行う方法ではない」ため、相手側と周りの環境に左右されてしまいますが「別れてから時間が経ったことで、互いの生活環境が変化して」その結果、相手側がアナタの魅力に気付き復縁に向かっていく..という、まさしく時間が解決していくというパターンも存在しています。

基本的に紹介した内容は「男女関係なく使用できる」ため、参考にしていただき実際に行動に移してもらえれば「良い結果を得やすくなる」のではないかと思います!

復縁のための冷却期間..誕生日はどう過ごすべき?

もうすぐ相手の誕生日!

でも今は、復縁のための冷却期間中..「そういえば、冷却期間中の誕生日ってどうしたらいいの?」こんな疑問を抱く方は非常に多いでしょう。

例え冷却期間中であっても「相手を想うが故の悩み..。」

そんな悩みが少しでも軽くなるように、しっかり解説を行いますね!

是非、ご覧になってください!

  • 冷却期間中の誕生日は連絡しない方が良い?誕生日に「復縁したい」の連絡はOK?
  • 別れてからまだ1ヶ月..冷却期間になったばかりの誕生日ならLINEは送っても良いの?
  • 復縁のための冷却期間..誕生日プレゼントは送ってもOK?
  • 振った元カノからの誕生日メールが来た‼でも元カレの本音は..うざい!?
  • 元カノから誕生日メールが来なかった..元カノが誕生日メールをわざと送らない理由とは?
  • 相手と復縁したいけど冷却期間中..そんな誕生日って結局どう過ごすのが正解なの?

冷却期間中の誕生日は連絡しない方が良い?誕生日に「復縁したい」の連絡はOK?

基本的には、こちらも「別れた原因」というのが重要になってきます。

例えばアナタの裏切りが原因で相手と別れた場合、その裏切った相手から「誕生日おめでとう!」なんて言われても嬉しくないですよね。

しかし、アナタが「相手にワガママを言い過ぎたこと」が原因となって別れることになったのであれば「誕生日おめでとう!」という「ひとことくらい」であれば、相手もそこまで不快にはならないでしょう。

ここでのポイントも「相手の立場になって、送るかどうか?」また「送るなら、どのような内容を送るべきなのか?」というのを「深く考える」という部分にあります。

具体的な例を挙げると「相手に新しいパートナーが居る場合」には、誕生日を新しいパートナーと過ごしている可能性もあるため、誕生日当日連絡を避ける方が無難です。

あくまで「相手の迷惑にならないようにする」ということは大前提となります!

また、送る内容も「お誕生日おめでとう!」のみで充分といえます。

間違っても相手の誕生日に「復縁を匂わせるような内容」だけは送らないようにしましょう。

「相手の負担にならないときに、相手を不快にさせない内容」というのを意識したうえで、お祝いしてあげるというのが1番重要です。

別れてからまだ1ヶ月..冷却期間になったばかりの誕生日ならLINEは送っても良いの?

別れてからまだ1ヶ月の場合でも、基本的には前述した対応と同じとなります。

しかし、別れてからの期間が短いと「相手が色々と思い出してしまって不快になる可能性も高くなる」ため、別れてから期間の空いてない状況での誕生日は「そっとしておいてあげよう」という配慮を見せた方が、後々良い結果に繋がりやすくなるとはいえるでしょう。

復縁のための冷却期間..誕生日プレゼントは送ってもOK?

結論からいえば「プレゼントを送るのは原則NGとなります!」

これは冷却期間中であっても、一度完全に別れている場合であっても同様です。

しかし、冷却期間中なら前述した通り「誕生日おめでとう!」くらいの「軽いメッセージならOK」なので、そちらで勝負しましょう。

また、一度別れている場合は別れた後の関係性が「よっぽど良い状態でないかぎり」は、メッセージも、プレゼントも「原則としてNG」となります。

むしろ一度別れている場合には、相手の誕生日にメッセージやプレゼントを送ることよりも「元カレ・元カノとの関係性の向上に注力」した方が、良い結果を招くといえます。

振った元カノからの誕生日メールが来た‼でも元カレの本音は..うざい!?

これは、相手の状況による場合が多いです。

男女問わず、基本的には「良くも悪くも何とも思わない」パターンが多いのですが、相手側が「ある条件を満たしている場合」には、相手の怒りを買ってしまうという最悪の結果になる可能性があります。

その「ある条件」とは..相手側に新たなパートナーが存在している場合です。

逆の立場で考えてみるとよく分かると思います。

新たなパートナーが居る人の誕生日というのは、大概の場合「大切な人と一緒に誕生日を祝っている」という「完全お祝いムード]で幸せ満載な状況になっているので、そこに昔の交際相手から連絡が来るというのは、相手側からすると「お祝いムードを破壊するKY行動」という認識になります。

また、メッセージが送られた状況によっては、新たなパートナーが「アナタからのお祝いメッセージ」を「浮気相手からのメッセージと勘違いしたことによるトラブル」にも繋がりかねないというリスクが存在しているので、送られた側からすると「非常に不愉快」な行動となります。

どちらにせよ、別れた相手の誕生日に対する祝福には、相手の迷惑にならない範囲という「条件付きの祝福が求められる」わけなのです。

そう考えると、別れた相手の誕生日には、下手なアピールはせずに過ごすのが無難なのかもしれませんね。

元カノから誕生日メールが来なかった..元カノが誕生日メールをわざと送らない理由とは?

さて、こちらのパターンは「先ほどとは逆で、誕生日メールが来なかった」という状況なわけですが、この状況にも理由というものは必ずあります。

理由は大きく分けて3つあるといえます。

また、これから紹介する内容は相手の性別関係なく、あり得る理由といえるでしょう。

まず、1番最初に考えられる理由は、単純に「既に新しいパートナーがいるから」というものです。

これについては、もはや説明不要だと思います。

2つ目に考えられる理由として「相手への迷惑になることを警戒しているから」というものが挙げられます。

このパターンは、前述したような「相手への下手なアピール」となることを恐れ、それを回避したいがために「あえてメールを送らなかった」というパターンですね!

この場合の特徴としては「後日、誕生日メールが送られてくる可能性が高い」という所です。

また、これについては「相手に対する、誠実さ・優しさ」をアピールできるため、誕生日メッセージを使用して、冷却期間中や、元カノ・元カレとの復縁を狙いたい場合は「積極的に使用するべき方法」ともいえます!

3つ目に考えられる理由としては「相手側がアナタとの復縁を望んでいない場合」が挙げられます。

この場合の特徴としては「さりげなく、こちら側から連絡を取ってみても反応が無い」という点や、「そもそも、相手に着拒やブロックをされていた」というパターンがあります。

こうなってしまった場合は「メッセージをやりとりすることに、これ以上固執するのは愚策」となるので、早急に自分磨きを開始してアナタ自身の魅力を向上させる方が、最終的には良い結果となる可能性が高いといえるでしょう。

相手と復縁したいけど冷却期間中..そんな誕生日って結局どう過ごすのが正解なの?

さて、復縁したい相手の誕生日に行うべき対応や、冷却期間中の場合に行うべき対応など、さまざまな解説を行ってきましたが、ここまでの話を聞いて「たくさんパターンがありすぎて、どれを行えば良いのか分からない!」という疑問や、「色々言ってるけど..結局のところ、どう過ごすのが正解なわけ?」というような疑問を感じる方々も多くいるのではないかと思います。

では、その疑問にお答えします!

復縁したい相手・冷却期間中の相手の誕生日は「どのように過ごすのが正解なのか?」

この答えとしては..「結局のところ、あえて何もせず大人しくしておくというのが、1番正解といえます!」

これには、大きくわけて2つの理由があります。

1つ目の理由は、冷却期間中であっても、相手の誕生日に出来ることは少ないということ。

2つ目の理由は、既に別れてしまっている場合、相手に軽いメッセージを送ることすら「復縁に関しての大きなリスクを伴うことがある」ということ。

この2つが、大きな理由として挙げられます。

この記事を全て読んだ方なら、薄々気づいていると思いますが..結局のところ「誕生日以外の日に復縁に向けた活動をするほうが上手くいく可能性は高い」のです。

むしろ、相手の誕生日にメッセージや誕生日プレゼントを送るというのは、送られた相手から見ると、どうしても「復縁を狙ってる感が出てしまう」ため、結局のところ避けたほうが無難といえるのです。

また、誕生日というのが「復縁のきっかけを作りやすい日」なのだということは「相手側も知っていること」なのです。

裏を返せば、相手側に復縁の意思が無い場合は「アナタが無駄に警戒される要素を増やすだけに終わってしまう可能性が高い」という部分も理解しておく必要があります。

そのため、誕生日はあえて大人しくしておき「普段から少しずつ復縁のための努力や、アピールを行う」というほうが、相手もアナタの行動に信用を置きやすくなり、気持ち良く復縁に応じてくれる可能性が高まるのです!

まとめ

さて、今回は【復縁と冷却期間についての疑問と解決策】についての内容を解説してきました。

復縁で1番重要なのは「相手を想う気持ちを行動で示すこと!」

これだけは忘れずに、前を向いて頑張ってください!

応援しています!

-恋愛占い・恋の悩み

© 2021 うらこん!恋愛占いと婚活のサイト Powered by AFFINGER5